高血糖は自覚症状がありませんので

ダイエットをすることで、あたかもわきがのような臭いが出ることがあります。

これを「ダイエット臭」と言うのですが、ダイエットをしている人は中性脂肪が燃焼される傾向にあるので、その結果、ケトン体がニオイの発生源となってしまうことがあります。

運動と食事制限を平行して確実に実行することで、ケトン体由来の臭いを防ぐことがある程度できるようです。

脇の下から出る汗は、エクリン腺という汗腺とアポクリン腺という汗腺の2つから出ています。

これらのうち、エクリン腺からの汗は臭いの元にならず、臭いはアポクリン腺だけが原因です。

アポクリン腺から出る汗と違い、エクリン腺から出る汗は良質なのです。

この汗は、岩盤浴で出てくる汗と同じ性質のものです。わきが対策クリームを選ぶなら、「殺菌力」についてアピールされているか確認しましょう。

アポクリン汗腺から出てくる皮脂やタンパク質を分解する原因となる、皮膚表面の常在菌を殺菌する効果のある成分です。

タンパク質や皮脂を分解する菌がいなくなれば、悩みのタネとなるニオイも消えるかもしれないことは理解できるのではないですか?神経質な人は、自分がわきがかもしれないと悩んだことがあるかもしれません。

ニオイがある場合であっても、それが必ずしも「わきが」と正式に呼ばれるレベルのものとは限りません。

わきがというのは程度問題もありますので、多少の臭いは誰にもあることを自覚すべきです。

心配しすぎの人は自己臭症と診断されることもありますので、不安が強いなら皮膚科、形成外科などに行って医師に話を聞いてみてはいかがでしょうか。

自分で自分のことをワキガかどうか確かめる方法というものがあります。

自分はワキガでないと思っていても、鼻が慣れて分からなくなることが多いのです。

それで、1日着ていたシャツに黄ばみがあるかどうか、耳アカが湿っているかどうか、両親その他の血縁者にわきがの人がいるかどうか、だいたいこれらを見ておけば、ある程度判断できます。

ワキガ対策でクリームを使おうと思うなら、選ぶ時に無香料のものを探しましょう。

わきがのニオイをごまかそうと思って香水をたくさんつけて誤魔化したつもりかもしれませんが、香水をつけることでわきがのにおいと混ざり合い、むしろもっと臭いが強くなってしまいます。

だから、クリームに香りが含まれていないものをできるだけ選びましょう。

わきが対策のクリームを選ぶ時は、「殺菌力」を無視できません。
えんきん